Apr 7–Jun 24, 2018

DREAMS OF FROZEN MUSIC AT THE TOKYO ART MUSEUM

 


2018年4月7日 – 6月24日

セルゲイ・チョーバン 建築ドローイング展
「凍てついた音楽の夢」

セルゲイ・チョーバン氏は建築家、ドローイングアーティスト、美術コレクターそしてドイツ・ベルリンの建築ドローイング美術館創設者でもあります。
1962年旧ソビエト連邦レニングラードに生まれ、連邦下で教育を受けましたが連邦崩壊直後の1991年ドイツにわたり、ドイツ国籍を取得します。そして今日、ハンブルグ、ベルリンそしてドレスデンにチョーバン・フォス建築事務所を構えるに至ります。またロシア語、英語のバイリンガル建築雑誌「speech」の創刊者でもあり、複数回にわたりヴェネチアビエンナーレ国際建築展ロシア館でのキュレータを務めています。
今回の東京アートミュージアムでのプロジェクト「凍てついた音楽の夢」は、チョーバン氏の最新作建築ドローイングを含めた、およそ30点を公開する日本初の展覧会となります。これらの作品群はプランニングのための「古典的」な建築設計図面ではなく、自由な発想に基づいた「建築的ファンタジー」ドローイングとなります。
チョーバン氏の芸術的アプローチ、描画手法には時代を超えた、タイムレスな輝きがあります。そして古典主義建築的オーダー(柱の装飾方法)やバロック様式のドームの中に近代的なアーキテクチャがそびえ立つような、超現実的な世界観を持っています。この、非現実的な「夢」を、チョーバン氏は卓越した技法でインク、サンギーヌ、木炭そしてパステル等を用いて描いています。
チョーバン氏は2016年、越前市在住の人間国宝、第九代岩野市兵衛氏による生漉き奉書紙に出会います。そして今回の日本初展示に向け、日本文化への敬意を表すべく、この特別な和紙を用いて作品を制作いたしました。
また、創設したベルリンの建築ドローイング美術館においては日本のアニメ「パトレイバー」や「イノセント」で描かれたユニークな都市風景の原画展を開催したということも言及させていただきます。
2018年4月7日の展覧会オープニングでは、セルゲイ・チョーバン氏とキュレータであります私フルーゾルゲとのアーティストトーク(15 時より、日本語訳あり)、チョーバン氏の書籍サイン会を開催予定です。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

セルゲイ・チョーバン来日!
東京アートミュージアムにてアーティストトーク&書籍サイン会
4月7日土曜日 15時より (トーク1時間程度、その後チョーバン氏書籍サイン会)

場 所:東京アートミュージアム
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-25-1

東京アートミュージアム ウェブサイトへ

 

The exhibition project Dreams of Frozen Music at the Tokyo Art Museum in Sengawa will present about 30 drawings from the last couple of years from the architect. These works are not meant to be “the typical drafts” for architectural projects. No building is ever being built according to them, they rather can be seen as “free architectural fantasies.” Tchoban’s esthetic approach, his visual language and his artistic means seem not to be contemporary but rather timeless. Classical orders of columns, domes of baroque churches and e pre-modernist architecture are being blended into surreal vedutas. A technically brilliant draughtsman, Tchoban employs all kind of materials including ink, water color, red chalk, charcoal and pastel chalk.

In his works the notion of the classical capriccio seems to be revisited, the fantastic and playful transgression of genres and art historical classifications is at work. The classicist esthetics of ruins and quotations from revolutionary Soviet architecture, Monuments of gigantic Lenin head sand flooded buildings form a deeply mesmerizing landscape. The world which the artist depicts, seems out of joint, their fundaments defy to the final collapse. Modernism and postmodernism has not yet taken place.

The exhibitions title—Dreams of Frozen Music—makes reference to a phrase the German philosopher Friedrich Wilhelm Joseph Schelling once used, and who thereby created a poetic image for architecture. Harmony and measurement, classical principles of music and architecture come to mind, but the notion of freezing seems to evoke a certain temperature: on the one hand there is cool rationality, a sharp observing eye, but also the romantic sense of beauty of decay mingle in those works.

Artist Talk: APR 7, 2018, 3 – 4:30 PM
OPENING HOURS: 11 AM – 6:30 PM, from Thuesday to Sunday
VENUE: Tokyo Art Museum
ADDRESS: 1-25-1, SENGAWACHO, CHOFU-SHI, TOKYO

VISIT MUSEUMS WEBSITE